昭和のコンビニ/焼きそばパン

こんにちは。

今日も高校時代のバイトのお話です。

日曜日はパートのおばちゃんと共に朝から勤務していたのですが
皆さん新人の私を温かく見守ってくれていました。

日曜の朝は普段出勤してる平日夕方の客層とはまた違うので
売れるものも違ってきます。

お弁当よりはパンとか軽食がよく出ていました。


そして事件は
日曜朝の常連さん
近所のタクシードライバーさんが来た時に起こりました。




se21.png
パートのおばちゃんはタクシーのドライバーさんに私を紹介してくれ
自分の持ち場に戻り

ドライバーさんは商品を持って
レジに戻ってきて








コッペパンに焼きそばが挟まってる調理パンを
温めてくれるように言いました。
se22.png
ちなみに私の地元では
温めることを「ぬくめる」と言います。
(特においちゃんおばちゃん)






えーっと確かお弁当は・・・・
温め1分だったな。
se23.png





チーンッ


1分経って出来上がった焼きそばパン












大膨張した後、圧縮したと思われる姿になっていました・・・
se24.png
ちなみに、昭和の焼きそばパンは
今みたいなお洒落な個別包装ではなく
ラップでぐるぐる巻きでした。





ドライバーさんは
新人のやらかしに文句も言わず
笑いながら一口で食べていました。


se25.png

まだまだ続く・・・

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村


アラフィフ日記ランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント